電話番号0562-84-5858

〒470-2105 知多郡東浦町藤江前田47

知多郡東浦町|泌尿器科専門|小林クリニック

尿路結石

小林クリニックモバイルサイト

尿路結石とは

左右の腎臓で作られた尿は、腎盂、尿管を通って、膀胱に貯められ、尿道から体外へ排出されます。尿の流れる道を尿路と呼び、尿路に石(結石)ができる病気が尿路結石です。

石のできる場所によって、腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石と呼ばれます。
結石のできる原因は、よく判っていませんが、できやすい体質があり、しばしば再発します。

症状

疼痛

結石が尿路をふさぐと、突然強い痛みを起こします。尿管に結石がある場合、わき腹や背中に強い痛みを起こし、時に吐き気や嘔吐することもあります。

血尿

尿に血液が混じり赤くなったりします。

発熱

細菌に感染すると、高熱を出したり、尿がにごります。

尿が出ない

尿道に結石が詰まった場合、尿が出にくくなります。

無症状

症状のない場合もしばしばあり、特に結石が腎臓の中にある時は、症状が出ないことがしばしばあります。この場合、気づかずに、知らぬ間に腎臓の働きを障害してしまうことがあります。

検査

尿の検査、レントゲン検査、超音波検査などを行います。

治療法

自然排石

直径1cm以下の結石は自然に出る可能性がかなりあり、水分を多くとったり、点滴をして、尿とともに、体外に結石を出します。

体外衝撃波

衝撃波を結石に当て、結石を砕き、小さくして尿と共に出す治療法です。

手術

内視鏡を使って、結石を砕き、体外に取り出します。
お腹を切って結石を摘出する手術は、最近はほとんど行われません。

鎮痛剤

痛みを取ったり、細菌を殺す薬を投与したりします。結石を溶かすお薬は残念ながら今の所ありません。

再発防止

水分をたくさん取りましょう

  1. 水分をたくさん取ると、尿量を増やして、尿を薄くし、結石の元となる尿中の結晶を減らします。
  2. ジュース、コーラなどは糖分、カロリーの摂りすぎになるので、お茶や水で水分を摂りましょう。
  3. ビールは水分摂取にはよいのですが、カロリーが高いため多く飲むと血中の尿酸を増やし、結石の原因となるので飲みすぎないようにしましょう。

食事に注意しましょう

  1. 動物性たんぱく質(肉類)を摂り過ぎないようにしましょう。
  2. シュウ酸を多く含む食物(ほうれん草、チョコレート、ナッツ、ビタミンC)の摂りすぎに注意しましょう。
  3. カルシウム(牛乳、乳製品)の摂りすぎに注意しましょう。
    日本人はカルシウム摂取不足の人が多いのですが、毎日、牛乳600ml以上飲むのは少し控えましょう。
  4. マグネシウムを多く含む食物(玄米、麦、馬鈴薯、茸、バナナなど)を多く摂りましょう。
  5. 繊維質を多く含む食物(おから、大豆、小豆、寒天、ごぼう、そばなど)を多く摂りましょう。

日常生活について

  1. 適度の運動をしましょう。
  2. 夕食から寝るまでの時間を長くし、寝る前の食事を控えましょう。
Page Top